2018年10月の一覧

認知症支える社会を 全国研究集会 IN 福井のご報告

2018年10月30日 / スタッフブログ, 未分類

 

 

「認知症の人と家族への援助をすすめる第三十四回全国研究集会in福井」が

10/28㈰ 福井市フェニックス・プラザで開催されました。

 

公益社団法人「認知症の人と家族の会」(京都市)が

毎年各地で開いており、県内での開催は初めてとのこと。

 

県内外から会員や市民、医療介護関係者ら計約1500人もの方々が

来場する大盛況ぶり。

 

私たちも、代表を筆頭に(笑)参加させていただき、

認知症の人や家族が暮らしやすい社会のあり方について考えました。

 

 

 

 

まずは、国民健康保険名田庄診療所長の中村伸一先生の講演。

 

おおい町で四半世紀にわたって地域住民の診察を続けてきた医師としての

経験を踏まえ、周囲に感謝する姿勢や笑顔、前向きな気持ちを持つことが、

幸せにつながると呼び掛けられました。

 

他に、パネルディスカッションでは、認知症を患う当事者や家族から

直接「本音」を伺うことができ、介護職として多くの気づきをいただきました。

 

 

今回のテーマ「紡ぐ~地域力を活(い)かし本人と家族が主役の社会へ~」

繊維王国と呼ばれ、繊維産業の盛んな福井らしいテーマです。

 

紡ぐ(つむぐ)は、「綿や繭(まゆ)から繊維を引き出し、よりをかけて糸にする」という意味。

 

繭から糸、糸から布へ。

 

「縦の糸はあなた、横の糸は私」中島みゆきさんの歌のように、

福井で住まう私たち一人ひとりが糸となり、織りなす布。

 

同じ地域に住まうご縁から、お互いの気持ちや優しさを汲み取り、少しずつ太い絆に変えていく。

そんな福井であったら♪と思います。

 

撮影前のかしましい様子(笑)

 

11/14㈬職員研修会 「ホームヘルパーの職業倫理 」のご案内

2018年10月23日 / お知らせ, お知らせ一覧

 

 

職業倫理・法令遵守は、職種にかかわらず重要な問題です。

 

 

殊に介護サービスは、人の命や尊厳にかかわる仕事である以上、

そこで働く人たちにはより高い意識が求められます。

 

ホームヘルパーに求められる職業倫理とは何か、

あらためて考え、学びます。

 

この研修は、「明日から実践できる手法を学ぶ研修会」で、

どなたでも参加できます。

 

 

◆講師紹介
一般社団法人 福井県介護福祉士会 事務局長
松ケ平 朝菜 先生

 

 

福井市内の医療福祉専門学校において、15年以上教員として介護福祉士等の養成に携わる。
現在、年間の研修実績は120件以上。受講生を飽きさせない話術と展開でファンも多い。

 

 

日時 :①2018年11月14日㈬  13:00~15:00

 

場所 :ユニオンプラザ福井(福井市問屋1丁目35番地)
参加費:無料(定員30人)

 

お問い合わせはこちらまで

10/28㈰認知症の人と家族の会全国研究集会in福井に参加します!

2018年10月11日 / お知らせ, お知らせ一覧

職員研修とオリエンテーションを兼ねて、

公益社団法人 認知症の人と家族の会

「認知症の人と家族への援助をすすめる 第34回全国研究集会 福井」

の参加を予定しています。

 

私たちにとって、認知庄当事者の方、ご家族の方から直接話を伺える好機です!
また、この研究集会を機に認知症の人やその家族への理解と
支援が進みますよう多くの方に参加していただきたいと思っています。

 

 
<認知症の人と家族への援助をすすめる認知症第34回全国研究集会>
日 程:2018年10月28日(日)
時 間:9:30~15:30
会 場:フェニックス・プラザ(福井市田原1−13−6)
内 容:【基調講演】「紡ぐ~地域力を活かした、本人と家族が主役の健幸づくり~」
          講演者:中村 伸一氏(国民健康保険名田庄診療所所長)
    【特別対談】「とことん語ろう 認知症 ~本人、家族、地域の本音トーク全開!~ 」
          コーディネーター:町永 俊雄氏(福祉ジャーナリスト)
          出演者:丹野 智文氏(若年性認知症当事者)、
              県内認知症当事者の方、県内認知症介護家族の方
    【事例発表】全国公募による口述発表
    【展示コーナー】介護独楽吟ポスター
参加費:<一般> 2,000円 <学生>1,000円
問い合わせ先:公益社団法人 認知症の人と家族の会 福井県支部(安江・和田・坂田)
       [TEL]0776-28-2929

最新の投稿
月別投稿

ページトップへ