採用情報

採用情報

働くイメージ

スタッフのインタビューを通して働くイメージをご紹介します。

稲木ケア・サービスの日々のサービスを支えてくれるスタッフのインタビューを通して働くイメージをご紹介します。

「 やりがりを感じる瞬間 」

イメージ

介護の仕事をしていると、周りの人から「大変な仕事ですね。」と言われることがよくあります。
確かに自ら動けない方を車いすに乗せたり、オムツを交換したり、身体を洗ってあげるなどの仕事は重労働です。
また、怒りっぽい人や気難しい人、精神病を抱えている人、さまざまな人と関わりは、時として困難に感じることもあります。
けれど、その大変さ以上にこの仕事から教わることの多さに気付いたとき、やってきてよかったとつくづく思います。
何より、ご利用者様の笑顔に励まされて癒されて、日々仕事をしています。

介護士 長谷川 千代子

「 仕事と家庭の両立 」

イメージ

一度家庭に入ると再就職は難しいと考えがちですが、女性の多く活躍する職場環境ですからブランクのある方も安心して家庭との両立を考えながら、柔軟な働き方を選ぶことができます。
ブランク期間があることは、必ずしもマイナスではありません。
その間に培った主婦の経験も立派な強みになると思います。
お客様は高齢な方が多いため、資格取得の受講費支援を受け、初任者研修養成講座に通っています。

介護士 堂前 泰子

「 大変なことも分かち合って 」

イメージ

施設勤務を長く経験してきましたが、在宅介護ではケアの仕方が異なり、働き始めた当初は、戸惑う場面が多くありました。
1対1なので、技術やその場の判断・対応力が求められ責任は重く感じますが、利用者様の知恵や経験に、私自身学ぶことが多く、楽しく仕事をさせていただいています。そして、何より「ありがとう」がたくさんいただけるお仕事です。
意地悪ばかり言っていた利用者さんが、半年を過ぎた頃ポロリと「あなたは、めげないのね。あなたが来なかったら面白くない」と言ってくれたり、本当に、本当に、やりがいのあるお仕事です。もちろん、大変なこともありますし、悲しい思いをすることもあります。でも、それを超えるやりがいがあります。少しでも、一緒にこの気持ちを分かち合える仲間が増える事を願っています。

介護士 小林 江利子

 

ページトップへ