9/12㈬ 研修会 「ホームヘルパーの専門性~ゴミ出しについて考える~」のご報告

2018年9月14日 / お知らせ一覧, スタッフブログ

9/12㈬ ユニオンプラザ福井において
福井県介護福祉士会 事務局長 松ケ平 朝菜先生を講師にお招きし、

定例の職員研修会を開催しました。

 

 

 

テーマは、「ホームヘルパーの専門性~ゴミ出しについて考える」

 

研修の冒頭、こう問われました。

「ゴミ箱 されど ゴミ箱。

ゴミ箱の中からその人の生活を知る。どんな?」

 

例えば、薬の包装シートがゴミ箱に捨てられていたら、

どんなことがうかがい知れるか?

介護の専門職である私たちは、どのように見て、どのように考えるか?

 

●利用者は自分の意志で薬を飲むことができる

●錠剤やカプセルをつまむ等、指先の細かい動きができる

●服薬時間は定かではない。

●ゴミの分別ができる

●薬の効用や副作用   等々

 

 

演習では「こんなゴミがあったら」と観察・確認の視点の例を自分たち考え、

要素別に分類していきました。

 

 

 

 

 

ゴミの出し方ひとつ、例にとっても

100人いれば100通りがあり、全く同じなどあり得ません。

 

それが故、個人の考え方や生活様式の違いを認識し、

リスペクトすること。

 

利用者の「できること」を活かして生活援助 を行うこと。

 

わたしたちヘルパーの専門職性である観察・確認の視点は、

実に多面性・多様性が求められるとあらためて学びました。

 

最新の投稿
月別投稿

ページトップへ