お知らせ一覧 2018年01月 

2/21㈬研修会のご案内 現場で一人のヘルパーに求められること ~観察・記録の的確さとチームワーク~2回目

2018年1月23日 / お知らせ, お知らせ一覧

 

ホームヘルパーは、訪問先では一人で仕事をこなさなくてはいけません。

それゆえ、現場での判断力や高いスキルが求められます。

 

今回の学びは「連携」。

 

チーム(多職種含む)において、介護職の役割をあらためて考え、状況に

応じて取るべき行動を考えます。

 

同タイトル(全2回)の2回目ですが、内容は異なります。

今回のみのご参加でもOKです。

 

【内容】

❶利用者の日常生活や様々な場面において観察の項目・視点、記録をどのように

残すかを事例をもとに具体的に考えていきます。

❷なぜその項目が重要か、それを記録しないことの問題点や内容は適切か  など

 

 

 

◆講師紹介
一般社団法人 福井県介護福祉士会 事務局長
松ケ平 朝菜 先生

福井市内の医療福祉専門学校において、

15年以上教員として介護福祉士等の養成に携わる。
現在、年間の研修実績は120件以上。受講生を飽きさせない話術と展開でファンも多い。

 

 

内容:現場で一人のヘルパーに求められること~観察・記録の的確さとチームワーク~

日時 :①2018年1月17日㈬  13:00~15:00 終了

②2018年2月21日㈬  13:00~15:00

全2回
場所 :ユニオンプラザ福井(福井市問屋1丁目35番地)
参加費:無料(定員30人)

 

お問い合わせはこちらまで

1/17㈬研修会のご報告

2018年1月18日 / お知らせ一覧, スタッフブログ

1/17(水) ユニオンプラザ福井において
福井県介護福祉士会 事務局長 松ケ平 朝菜先生を講師にお招きして、
定例の研修会を開催しました。

 

今回のテーマは、「現場で一人のへルパー求められること~観察・記録の的確さとチームワーク~」

主にグループワークでの演習を行いました。

 

実務経験年数順6か月~33年に整列→グループ分け(笑)

 

 

 

 

 

 

グループ毎に利用者を取り巻く「専門職」とそれぞれの「役割」について、またその関わりは

どのようなものか、考えていきます。

 

 

それぞれの専門職が何を知りたいかを考えることで、何を記録しなければいけないのかを

考えていきました。

「考える」ことで、新たな「気づき」も!

 

わたしたち、介護職に求められる判断力、これを裏付ける視点・知識は、

常にきちんと学ばなければならないと思います。

新年のごあいさつ

2018年1月1日 / お知らせ

 

 

新年明けましておめでとうございます。

 

皆様には、健やかに新春を迎えられたことと、お慶び申し上げます。
また、日頃から温かいご支援ご協力を賜り、心からお礼申し上げます。

 

 

お陰を持ちまして有限会社 稲木ケア・サービスは今年、48周年を迎えることとなりました。

これもひとえに皆様方のご愛顧の賜物と深く感謝いたしております。

 

 

本年は、介護職としての専門性をより高めるなど、職員一同一丸となりサービス向上に尽力して参ります。

 

2018年も宜しくお願い申し上げます。

 

 

有限会社 稲木ケア・サービス

 

 

 

 

最新の投稿
月別投稿

ページトップへ