2018年05月の一覧

5/16㈬職員研修「演習から学ぶ接遇・マナー~利用者と向き合うために~」のご報告

2018年5月18日 / お知らせ一覧, スタッフブログ

5/16㈬ ユニオンプラザ福井において
福井県介護福祉士会 事務局長 松ケ平 朝菜先生を講師にお招きし、定例の研修会を開催しました。

 

 

 

 

テーマは、「演習から学ぶ接遇マナー~利用者と向き合うために~」

 

介護職にとっての接遇マナーとは、

利用者やご家族の方に安心感を与え、信頼を得るためのツール。

 

信頼関係が強まれば強まるほど、相手とのつながりは確かなものとなり、

人間関係は良好になっていきます。

 

「いかに相手に信頼してもらうか」

 

それがどれほど難しいことか!!

 

どんなに高い介護技術を持っていても、マニュアル通り仕事をこなしても

利用者の信頼を得られるとは限りません。

 

では、どうすれば信頼感が強くなるのでしょうか。

 

 

講義の冒頭、先生から問われました。

「ご利用者や家族は、ヘルパーであるあなたから大切にされていると感じているだろうか?」

 

 

介護職のプロとして、私たちに求められる挨拶や言葉使い、身だしなみはもちろん、

相手の状況や気持ちを理解して寄り添う姿勢。

 

そのためにコミュニケーションの基本態度をしっかりとること。

 

演習では、相手の話に合わせて

うなずく⇔うなずかない

目線を合わせる ⇔ 合わせない

等をやってみました。

 

 

 

目線を合わせ、うなずく。

えっ、たったそれだけ?? と思うくらい、

「自分の話をしっかり聞いてもらえた、受け止めてもらえた」と感じ方が違うものなんですね。

 

 

 

とりもなおさず介護職の「プロ」として、

 

”日々、自分自身を意識して接遇マナーを実践すること”

 

”相手の気持ちを心で受け止めること”

 

 

難しい課題ではありますが、私自身日々の行動や言動を振り返るながら、変革の意識をもち、

スタッフにも意識喚起を継続していきたいと思います。

 

 

松ケ平先生の言葉にあった「心を添えて、心をもらうサービス」を目指して。

 

 

(福井県介護福祉士会 事務局長 松ケ平 朝菜先生 近影)

 

 

 

 

 

 

家政婦料金および法廷手数料改定のお知らせ(平成30年6月1日より)

2018年5月1日 / お知らせ, お知らせ一覧

平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

 

さて、当社におきましてはお客様のご期待に添うべく

有料職業紹介事業に努めてまいりました。

 

しかしながら、近年社会問題となっている超高齢社会による労働人口の減少、

とりわけ介護従事者の人材不足が深刻化していることは、ご高承の通りです。

 

このような状況下において、事業の継続さらには家政婦や職員の教育指導や

サービスの質の向上に向けた取り組みのため、

誠に不本意ながら、家政婦料金および法廷手数料を

平成30年6月1日より改定させていただくこととなりました。

 

今後もお客様にご満足いただけますようより良いサービスの提供に努めてまいりますので

何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

 

 

 

 

最新の投稿
月別投稿

ページトップへ